株で負けないための本質を学ぶオンラインアカデミー

お問い合わせ・ご相談はこちら 03-4588-9027 受付時間 9:00~17:00(土日祝祭日を除く)

お問い合わせ

ウォーレン・バフェット賞授与式

第1回 ウォーレン・バフェット賞授与式

2015年12月

株アカデミーの手法を信じ、
あのウォーレン・バフェットの年利を
超える実績を出されたアカデミー生の方々を讃えて、
パーティ形式の受賞式を開催いたしました。

アカデミー生の方々、下山トレーダーが
都内高級ホテルの煌びやかな会場にて一堂に会し、
豪華なお酒と食事を楽しみながら
達成感あふれる笑顔で実績を喜び合う、素晴らしい式となりました。

アカデミー生の方々へ感謝の気持ちを伝えたい。

株アカデミーの波乗り投資手法は非常識な手法です。
「ロスカットの回数を極限までおさえ、1日5分でトレードが完了する」などその非常識な内容から、時には『こんな手法では勝てるわけない』と言う方もいらっしゃいます。

そんな中、株アカデミーを信頼して下さり、その手法を真剣に学んで実績を出されたアカデミー生の方々に、感謝の気持ちを伝えたい、という下山トレーダーと株アカデミースタッフの想いが一致し、今回の受賞式が実現いたしました。

ウォーレン・バフェット賞とは?

株アカデミーには明確なビジョンがあります。

それは、
『アカデミー生全員が、世界最高と言われている投資家、ウォーレン・バフェットの年利・20%を超えるトレーダーになる』というビジョンです。

そして、『ウォーレン・バフェット賞』とは、実際に年利20%を超える実績を出されたアカデミー生の方々を対象に、その実績を讃えて表彰させていただく賞のことです。

世界No.1投資家と言われるウォーレン・バフェットの年利を超えることは、極めて難しいことだと思われるかもしれませんが、実は株アカデミーにおいては、ウォーレン・バフェットを超える年利を出されている方が、ザラにいらっしゃいます。

残念ながら、ご都合がつかず参加できなかったスクール生の方もいらっしゃいましたが、それでもたくさんの方にご参加いただき、表彰させて頂きました。

豪華景品のプレゼントも!

当日は、

  • 高級温泉旅行券 10万円分
  • 松坂牛VS神戸牛 食べ比べセット
  • お掃除ロボットルンバ etc......
など豪華景品も用意させて頂き、会場は熱気に包まれ大いに盛り上がりました。

景品贈呈記念写真

アカデミー生を孤独にしたくない。

しかし・・・、今回の式を通じて株アカデミーが何よりも提供したかったのは、交流の場です。講師である下山トレーダーとの交流はもちろんのこと、アカデミー生同士の交流をしていただくことが、この受賞式の最大の目的でした。

実際に当日は、和やかな雰囲気の中、アカデミー生の方が下山トレーダーと気軽に談笑したり、その場でしか聞くことができない株トレードに関する裏話で盛り上がりを見せていました。

  • 会食1
  • 会食2

また、アカデミー生同士の交流や情報交換も盛んに行われていました。同じ手法で実績を出している仲間同士、株トレード談義に花を咲かせていました。

  • 会食1
  • 会食2

株トレードは1人で行うものなので、トレーダーはどうしても孤独に陥りがちです。そして、利益が思うように積み上がらず、時には1人で思い悩んでしまうこともあります。

そんな時、同じ目線で話ができる仲間がいることは、非常に大きい精神的な支えとなります。助け合える仲間がいれば、それだけで精神状態が安定するものです。

とは言え、その仲間が全く違ったトレード手法で株トレードをしていたり、株トレードに対する考え方が全く違っていると、むしろその関係がストレスになることもあり得ます。

ですから、同じ投資手法でトレードするアカデミー生同士が交流し、つながりを作ることにこそ、最高の価値があると考えています。特に、利益を獲得されているアカデミー生同士であれば、お互いを高め合える素晴らしい関係を構築されることでしょう。実際に今回の式をキッカケに、仲間との素晴らしい出会いがいくつも生まれていました。

最後に

この度、株アカデミー初の試みとして、ウォーレン・バフェット賞の授与式を開催させていただきましたが、おかげ様で大盛況の内に幕を閉じました。

参加されたアカデミー生の方々は、「ウォーレン・バフェットの年利を超える」という、世間一般的には考えられないような実績をあげられていますので、みなさんの表情はとてもにこやかで自信に満ち溢れていました。

株アカデミーは、これからも『アカデミー生全員がウォーレン・バフェットの年利を超える』というビジョンを掲げ、1人でも多くのプロトレーダーを輩出していくべく、価値あるサービスの提供に、誠心誠意努めてまいります。

記念写真
ページの先頭へ戻る