狡猾な市場の餌食になり

完膚無きまで打ちのめされてうずくまる相場師に

優しく手を差し伸べ、その男はこう言う。


「これまでの価値観を全て捨て去る覚悟があるか」

STORY 06

new 欲望の果ての一攫千金ゲーム関連銘柄、徹底検証。

欲望の果ての一攫千金ゲーム関連銘柄、徹底検証。

INTRODUCTION

下山の銘柄選びを認めつつも、
もっと稼げる銘柄があるのではないかと感じていた。
最初の1銘柄が、あまりにも簡単に見つかってしまった事実が余計に土屋の欲望を刺激する。
「男やったらもっと勝負せなあかん!」と強く思う土屋と
「着実に稼ぐべし。」と思考する下山、両者の想いが交錯する。

このストーリーを読む

STORY 05

一流トレーダーがひた隠す"銘柄選び4つの基準"

一流トレーダーがひた隠す

INTRODUCTION

"株式投資"という1つのツールによって
全く性格の異なる2人の距離が、縮まりつつあった。
下山の投資手法に関して、まだまだ未知の部分を残しながら
いつの間にか土屋は下山に対して絶大な信頼を寄せていた。
法がどう、とかいう以前に、下山という1人の人間の真摯な人柄に惚れていた。

このストーリーを読む

STORY 04

億確約の投資手法を一瞥するフリーターの残酷な結末

億確約の投資手法を一瞥するフリーターの残酷な結末

INTRODUCTION

土屋は思う。「手法がシンプルである」もちろんそのことは理解できる。
どうやら、誰がやっても勝てる手法であるようだ。
ただもう1つ、「いつ買っても、いつ売っても勝てる」
やはりそれが土屋には解せなかった。
「そんなわけあるかい!!しもちゃんは何を言っとるんや!」
何度も何度も考えて、それでも心の中ではそんな気持ちが渦巻いていた。

このストーリーを読む

STORY 03

下山の投資手法 vs 全ビジネスモデル

下山の投資手法 vs 全ビジネスモデル

INTRODUCTION

土屋の脳は思考をやめない。
そして下山の発言が脳内に繰り返し響いていた。
「明日、もう1度真偽を確かめれば済む話だ。」
そう言い聞かせ、無理矢理にでも眠りにつこうとしたが、脳が興奮状態にありどうしても眠れなかった。
もともとは「お金に困る友人社長たちを助けるために」ということで、下山にコンタクトをとったのが始まりだった。
しかし、話を聞いているうちに土屋自身が下山の投資手法にのめりこんでいた。
「もっと詳しく教えてくれや!」そんな気持ちで頭がいっぱいだった。

このストーリーを読む

STORY 02

ロスカット狂信者たちの末路

ロスカット狂信者たちの末路

INTRODUCTION

もっと詳しく、もっと核心を・・・
下山から手法の話を聞けば聞くほど土屋は混乱し、
混乱しつつも、さらなる興味を掻き立てられていた。
1日5分も時間をかけずに、しかもガラケーで取引。
さらに取引するのはたったの1銘柄。
「そんなんありえへん・・・でも、もしそれがほんまやったら・・・」
土屋の心は揺れていた。

このストーリーを読む

STORY 01

路頭に迷う相場師を救うニート

路頭に迷う相場師を救うニート

INTRODUCTION

もはや再起不能・・・
狡猾な市場の餌食になり完膚無きまで打ちのめされてうずくまる相場師に
優しく手を差し伸べ、その男はこう言う。
「これまでの価値観を全て捨て去る覚悟があるか」
彼の名は下山敬三。
しかし世間は彼をこう呼ぶ。
相場師の救世主

このストーリーを読む